方正株式会社

      擁    抱    変    化        持    続    創    新

第4回【新型コロナウイルス】求人広告影響調査レポート

20.05.29

#レポート #客ココ便利くん

 

方正株式会社では、【客ココ便利くん】https://www.founder.co.jp/sfaという求人広告代理店様向けのサービスを展開している。
その客ココ便利くんを用いて、フロムエー、マイナビ、タウンワークに掲載されている求人数、および平均時給を算出した。
今回で4回目となるが、5月11日と18日のデータを合わせて見ていきたい。

 

3サイト別(3/30~5/18)求人件数推移

図①(3/30を100%とする)

 

2020年5月14日には39県で緊急事態宣言が解除※1され、求人掲載数の下落は止まったように見える。

タウンワークではまだ少し緩やかな求人掲載数の減少がみられるが、フロムエー・マイナビバイトでは歯止めがかかったような数字となった。
4月の自粛が功をなしGW明けからコロナ陽性者数が2桁、1桁と減少し続け緊急事態宣言解除がもうすぐと囁かれ始めたことで経済活動の前向きな動きとなったのか、
これ以上、下がりようのない数値になったのかは定かではない。いずれにせよ、これからの回復に期待したい。

※1https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0514kaiken.html

 

3サイト支給区分別(3/30~5/18)求人件数推移

図(3/30を100%とする) グラフ内、【その他】は歩合制として求人が掲載されていた内容

 

給与区分別にみると、求人掲載数の減少に歯止めがかかっていることがよりはっきりわかる。
調査対象としている媒体がアルバイト・パート向きであるためかもしれないが、
時給や日給といった給与区分の動きがここ2週間と5月4日週以前ではずいぶん異なっている。
一方、月給は減少傾向が続いていることを総合すると、長期雇用に対する動きが停滞し始めているのかもしれない。引き続き来週の動きに注目したい。

 

3サイト支給区分別(3/30~5/18)求人件数推移

 

 

(各グラフ3/30比)上記はサイト別に募集職種をグラフ化したものです。

 

 

今週は、ナイトワーク・ファッション・医療・飲食の4業種について特筆したい。

折線グラフは3サイトの時給平均(弊社調べ)

(3/30を100%とする)

ファッション・アパレル

 

キャバクラ

 

 

5月4日週までの推移で最大の雇用蒸発となったナイトワークとファッション・アパレルは11日週より求人掲載数・時給ともに回復の傾向を見せた。
5月7日には日本水商売協会が接待飲食店におけるコロナウイルス対策ガイドラインを発表し接客に対する指針が示された(※1)ことや、
5月14日に39県の緊急事態宣言が解除され、該当エリアでは百貨店が営業の再開を発表した(※2)ことなどがきっかけだと思われる。

※1https://mizusyobai.jp/guideline_covid19/

※2https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58936370R10C20A5L01000/

 

 

医療介護等

(3/30を100%とする)

 

 

このコロナ禍の調査において、ここまで一番求人掲載数が安定していたのは医療関係の求人である。

連日、医療人材の不足が深刻な問題になっている今、需要と供給がうまく噛み合っていない現状がこの統計からも見ることができる。厚労省は医療の人手不足に対しての策を検討しているようなので、求人掲載数についても今後何か変動があるかもしれない。

https://www.asahi.com/articles/ASN4Z75DVN4ZUTFL00S.html

 

 

飲食・フード

 

 

飲食業界については、求人掲載数の減少が止まったように見える結果となった。
緊急事態宣言の解除により、営業時間は22時までに伸び人の流動も増えている。
しかし完全にコロナウイルスの封じ込めができていない今、クラスターリスクを負っての営業や
新しい生活様式※にそった店舗の運営を求められることを考慮すれば、コロナ禍以前の求人掲載数にもどるまでV字回復できると楽観視はできない。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html

 

株価ではV字回復の兆しが見え始めている。つまり、企業業績もV字迄とはいかないかもしれないがU字回復の期待値が高いということだ。
この回復に引っ張られ、雇用も回復してくれることを願う。
世界中がコロナ禍でも、巣ごもり消費にピッタリなebookや、家で行えるフィットネスPeloton等
業績を伸ばしている事業は数多くある。サービスの供給が止まらない限り雇用が減少することはない。

 

緊急事態宣言解除後、いくつかの飲食店へ足を運んだが店内に貼ってある求人はそのままになっていた。
求人掲載数が減っているとはいいながらも人は足りていないのだ。営業が通常に戻るのはまだ少し時間がかかるかもしれないが復活すると見込んでいる。
緊急事態宣言が明けた今、どの業界が求人掲載数を回復させるのか、引き続き調査したい。

 

 

方正株式会社 津村

2020.05.29

資料作成にあたり参照したHPは以下の通りです。

タウンワークhttps://townwork.net

マイナビhttps://baito.mynavi.jp/

フロムエー https://www.froma.com/

 

#レポート #客ココ便利くん

関連リンク