方正株式会社

      擁    抱    変    化        持    続    創    新

JANPS2015に出展いたします

15.07.01

2015年07月22日から24日まで東京国際展示場(ビックサイト)東6ホールで開催される「第22回新聞制作技術展(JANPS2015)」に出展いたします。

「Japsn Newspaper Production Show」通称JANPSは、新聞製作に関するソリューションの展示会です。(2015年7月22日~24日、10時~17時 入場無料)
方正によるJANPS2015の出展テーマは「Shape Up!」。
「設備投資費用を”削り”」、「”強く新しい”ビジネスの創造」を実現できるような企画展示を行います。成熟産業である業界に対し、方正は新しさの提供を続けていくべく、今回は以下11種類のソリューションを展示いたします。
そのうちの3つは協力会社様のソリューションとなります。(※詳細は後述)

1.システムリフォーム
2.音声ペン
3.新聞音声読み上げ
4.クラウド型台割編集アプリ
5.デジタル印刷機
6.セキュリティ対策
7.システム監視
8.Web記者PC
9.Web組版
10.アジュール活用事例
11.中国旅行客向けサービス

11種のソリューションはブース内で常設展示となっており、そのうちの6種は10分間のプレゼンテーションを行いますので、合わせてご覧いただければ幸いです。
プレゼンのタイムスケジュールは下記をご参照ください。

【プレゼンタイムスケジュール】
第1回(11:00~11:10)【クラウド型台割編集アプリ】
第2回(11:20~11:30)【システム監視】
第3回(11:40~11:50)【デジタル印刷機】
第4回(13:00~13:10)【新聞音声読み上げ】
第5回(13:20~13:30)【セキュリティ対策】
第6回(13:40~13:50)【音声ペン】
第7回(14:00~14:10)【システム監視】
第8回(14:20~14:30)【デジタル印刷機】
第9回(14:40~14:50)【新聞音声読み上げ】
第10回(15:00~15:10)【セキュリティ対策】
第11回(15:20~15:30)【音声ペン】
第12回(15:40~15:50)【クラウド型台割編集アプリ】

【ソリューション一覧】

1.システムリフォーム
方正独自のマイグレーション方式です。システムの更新費用を削減しながら、「現状の使い勝手を継承できる」という、クラウド化や共有化には無い利点をもつサービスです。既存バグの改修に加えて、「追加開発」を行うことで、システムの利便性を向上させます。他ベンダーからの変更も可能です。

2.音声ペン
グリッドマーク社による、新聞を「読むメディア」から拡張させるデバイスソリューションです。特殊な印刷コードとペン型読み取りデバイスを用い、新聞に音声や映像情報を付加することができます。新聞を広がりのある情報メディアへ進化させます。ブースでは常設展示のほか、プレゼンテーションにてデモンストレーションも行います。

3.新聞音声読み上げ
想隆社&日立ソリューションズクリエイト社によるソリューションです。新聞を読み上げる音声データ付きEPUBファイルを、組版データから自動的に作成します。4種類の声が選択した速さで、紙面を限りなく自然に読み上げます。読み上げ箇所のハイライト表示を搭載することで、読み手の受け身感を軽減しました。ブースでは、実物データ展示のほか、プレゼンテーションも行います。

4.クラウド型台割編集アプリ
台割とは新聞製作においての紙面管理に近いもので、雑誌等の編集において各ページの企画と進捗の管理を行うことです。
エクセルや紙を用いたアナログの台割管理で更新による煩雑さを解決する管理用アプリケーションを展示します。本アプリは企画台割表にドラック&ドロップするだけで台割を更新することができます。企画の進捗が色によって視覚的に把握可能です。ブースでは常設展示のほか、プレゼンテーションも行います。どちらもデモンストレーションの閲覧が可能です。

5.デジタル印刷機
方正グループである方正電子によるデジタル印刷機です。多彩な紙面だけでなく、チラシや出版物などの複合印刷に適した印刷機です。中国を中心に販売を開始し、すでに出版社、出力センター等で多数の稼働実績を誇ります。5つの特長をもっています。
①小さい筺体で両面印刷を実現しました。
②洗練された乾燥システムを持ちます
③適正なイニシャルコストで新華社通信をはじめ、国内で導入が始まっています。
④バリアブルソフトを活用して様々な印刷に対応しております。
⑤自社RIP(コントローラ)所有により、様々なカスタマイズが可能です。
ブースでは常設展示のほか(実機は展示しておりません)、プレゼンテーションを行います。

6.セキュリティ対策
トレンドマイクロ社によるセキュリティ対策ソリューションです。
Deep Securityは共通基盤上でのウイルス対策を効率化します。また、Deep Securityは入口対策で守る事が困難な公開サーバへのサイバー攻撃による情報漏えいを防ぎ、万が一の場合でも監査対応が可能です。ブースでは、常設展示のほか、プレゼンテーションによる紹介も行います。

7.システム監視
システムで使用しているサーバや端末、ミドルウェアやアプリケーションの監視はもちろんのこと、日次処理、電源制御(ON・OFF)等が、PC端末のほか、モバイル端末でも行えるようになりました。ブースでは常設展示のほか、プレゼンテーションも行います。

8.Web記者PC
素材の入稿・編集・送稿に必要な記者用PCシステムを、クラウド上にWebベースで構築したサービスです。素材の送付を専用PC以外でも行うことができます。各ブラウザ・バージョンに対応します。専用アプリケーションのインストールが必要ないため、固有端末を用意する必要が無くなります。予備機や単体ごとのバージョンアップ作業不要により、費用削減を期待できます。

9.Web組版
方正はリモート組版をさらに進化させ、ブラウザ環境でのオンライン組版を実現しました。IE、firefox、safariなどのブラウザに対応しています。

10.アジュール活用事例
方正はクラウドソリューションの活用実績も持っており、その一例として、Windows Azure導入実績をご紹介します。

11.中国旅行客向けサービス
中国からのインバウンド旅行客と日本の観光資源を結び付けるプラットフォームサービスです。2015年の中国からの旅行客は400万人を超え消費金額も1兆円以上と言われています。会場では新聞社を通じた各地に密着した観光資源の利活用を模索します。