方正株式会社

      擁    抱    変    化        持    続    創    新

中国高速鉄道の保線・故障予測プラットフォーム

背景

既に何百キロにもおよぶ高速鉄道網。今日も鉄道網の拡張が続く中国では路線網が伸びれば伸びるほど保線管理・設備管理が大きな負担になってきました。また、それを補うため各地各所に設置されているセンサーからは毎日膨大な情報が収集することが出来ますが、これも人手による分析には限界がありました。



ソリューション

IoTを活用し、鉄道網に広がる各設備から直接センシング情報を収集。また、テキストマイニング技術を活用し、日誌から非定型情報を収集。これらを基にした機械学習を行うことで、設備の寿命・故障予測等を行う設備総合分析管理プロットフォームを構築しました。
● 設備の遠隔監視とヘルスチェック
● 故障発生予測に基づいた事前の設備交換
● 日誌分析に基づいた運用支援
● 補修品在庫管理システムとヘルスチェックを連動されることによる備品等の発注・補充を自動化し、欠品・過剰在庫の抑制