方正株式会社

      擁    抱    変    化        持    続    創    新

ElecRoc 5(エレクロック)

完全にインテグレイトされた「JDF対応PDFプリプレスワークフローシステム」です。システムはデータを安全に扱い、オペレータへは簡単で便利に使える操作性を提供しています。入稿したDTPファイル全てをPDFファイルへ変換して、ページ単位の更新/差し替え/追加/表示など様々なページ編集処理を行ない、完成したPDFファイルやRIP処理したCTP出力用TIFFファイル(様々な網点形状、色分解やインクセーブ機能などへ対応)へファイル保存します。また、ワークフローに接続したプリンタからは、CMS管理されたプルーフ出力ができます。

 システムはクライアント/サーバー型の構成を取っており、全てのデータ処理をサーバー内で行います。面付け処理やRIP処理などの重たいデータ処理であっても、クライアント側では、安価なPCや他のソフトウェアと同居させた作業ができます。認証した管理オペレータは、作業に合わせたワークフローを自由に作ることができ、作業オペレータはワークフローを選択して作業を行ない、あるいは複数で共同作業や自動処理などのできる環境を整えています。
*ジョブチケットの形式で作成したワークフローを保存管理しています。

 PDFへ変換するPDFジェネレータなど一連の機能は、RIPなどと同様に方正独自の技術に基づいて開発をしていますので、機能の向上やカスタマイズなどで強みを発揮しています。

 機能のカスタマイズや開発出力機への対応など、受諾開発を承っています。


(1)機能:

下記の機能が、パズルのピースのように用意されています。

 追加購入しながら、システムを構築することも可能です。

 PDFへ変換するPDFジェネレータ(2ライセンス併用に対応)など一連の機能は、RIPなどと同様に方正独自の技術に基づいて開発をしていますので、機能の向上やカスタマイズなどで強みを発揮します。

 *2台目をサブサーバーとして追加し、強化することも可能です。

 ワークフローの作成は、機能を示したアイコンを画面に配置し、処理したい流れに合わせて矢印でアイコンを結び、アイコンをダブルクリックして現れた設定画面で必要な設定を行ない(重要な部分は専門の知識を持った管理者)、作業者からはそれを利用して作業する分かりやすい作りになっています。また、入稿したファイルがどの処理にいるのか、処理の状況は良いのか悪いのか、途中経過の文書内容をプレビューで確認など、必要になるさまざまな機能も作業者に向けて配置されています。

 ゾーンスクリーン機能、透明トラップ機能、PDFジェネレータ、PDFプリフライト、インクセーブ(EcoInk PDFイン/アウト)、3Dブックレット/リモート3Dプレビュー、ギャンギング機能、PDFカラー管理、パッケージ印刷機能、1bitTIFF内蔵PDFアウト、面付け諸機能(マージン/クリップ/テンプレート/ロック機能)、PrePS 6へのコネクションJDF対応、Hi-Fi色分解、PDF文書比較、タスク管理、CIP4管理、各種新しいスクリーニング(網形状)、RIP前/後のカラープルーフ、リモートプルーフ機能、各社出力ディバイスへの対応など。

(2)対応フォーマット
 下記の最新の入力ファイル形式をサポートし、内蔵ノーマライザで標準PDFへ変換します。
*PDFはバージョンに応じて変換します。
・PS(PostScript)
・EPS(Adobe(R)CS5対応)
・PDF
・TIFF(二値、多値)
・JPEG
・PRN

 下記の出力ファイル形式をサポートします。
・1ビットTIFF
・8ビットTIFF(コンポジット対応)
(G4/LZW/Packbits圧縮に対応)
・PDF
・PDF(二値画像をPDFでラッピング)

(3)動作環境
 最新版(5.01 中国/英語版)日本語処理可能
*version 5.01:リニューアル開発
サーバー:Windows 2008 R2 64-bit、(Windows 7 professional 32-bit動作可能)、クライアント:Windows XP SP3、2003 SP2、7、2008、Mac OS X 10.5/10.6以降
LAN:100MB Ethernet以上
USBポート:ドングル装着用(サーバー)
新規出力機:DS DTR-PlateRite 4000II/4100/4300S/4300E/8000II/8100/8600E/8600S/8600Z/16000II、
新規プリンタ:Epson Pro 7900/9900/7700/9700, Canon iPF 810/820, HP DesignJet T770/T3100